ペニスが成長しないのは包茎が原因かも?

ペニスが成長しないのは包茎が原因かも?

男性器の絵

男性にとってペニスは大きい方がカッコいいと言った風潮があるのは事実です。大きすぎるのも問題かと思いますが、小さくてひ弱なペニスだと女性に対して自信が持てないという気持ちを抱くのも頷けます。ペニスが成長しないなぁと感じている人は多いのではないでしょうか?

 

一般的にペニスの成長は18歳から20歳前後で成長が止まると言われています。これがペニスの成長時期というわけです。成長ホルモンが最も分泌されやすい時期ですし、この時期に十分な成長が見られなければ、その後も同程度のままだと言われています。

 

ただし、ペニスが成長しない原因が包茎である場合は少し違います。包茎は皮で亀頭の露出を妨げている分、亀頭の成長も同時に妨げてしまいます。そのため、ペニスが先細りになったりしやすいのです。包茎が原因でペニスが成長しないのであれば、包茎そのものを治療してあげれば成長が妨げられず正常に行われるようになります。

 

ただ勘違いしてはいけないのが、包茎手術をすればペニスが大きくなると思い込んでしまう事です。包茎手術をしてもペニスの成長がなされない場合もあるでしょう。すでに成長期を過ぎてしまっている場合などは起こりうることです。ペニスの成長に不満を抱えて包茎手術を受ける人が、必ずしも20歳前後の成長期にあるとは当然限りません。

 

その為、包茎クリニックでは亀頭増大や長茎術といった外科的な治療によってサイズをアップさせる技術を提供しています。医学的根拠に基づく施術になりますので、体への負担などに悪影響はなく安心して受けられるようになっています。

 

ペニスのサイズや成長具合に不満を抱えている20代〜50代、時には60代以降の人でも包茎手術を受けているのが実状です。男のシンボルとも言えるペニスに不満を抱えたまま生活する事は、女性に対しても自信が持てず、結果一般の生活においても消極的になりがちです。ペニスが成長しないと悩んでいる人は一度クリニックでの診断を受けてみるのも一つの手です。

タイソン腺