包茎だと性病になりやすいって本当?

包茎だと性病になりやすいって本当?

一般的に包茎だと性病になりやすいといわれていますが、これは本当なのでしょうか?結論からいうとこれは本当で、包茎の方だと性病になる可能性が高まると思って良いでしょう。包茎は、包皮が亀頭を覆っている状態なので、通気性が悪く、常にじめじめしていて、雑菌が繁殖しやすい環境です。しかも、包皮と亀頭の間に恥垢が溜まりやすく、これが原因で雑菌をさらに繁殖させてしまいます。

 

この不衛生さが原因で、性病を発症させてしまったり、性病に感染しやすくなるため、包茎の方は十分に注意しないといけません。包茎が原因で起こりやすい性病は、亀頭包皮炎、尿路感染症、尖圭コンジローマ、性器ヘルペス、クラミジアです。亀頭包皮炎とは、雑菌が繁殖することによって、ペニスの腫れや膿の発生を引き起こす病気で、包茎の方に非常に多く見られます。

 

尿路感染症とは、亀頭包皮炎と一緒に併発する場合が多く、尿路が炎症を起こしてしまう病気のことです。尖圭コンジローマとは、性行為によって感染する性病で、ペニスや肛門などにカリフラワーのようなイボイボが発生します。性器ヘルペスとは、ペニスまたはその周辺に発疹や水泡ができる性病で、包茎の方はかかりやすいです。クラミジアとは、クラミジア菌に感染することで、発熱やペニスの痛み、尿道からの膿といった症状を起こす性病です。

 

この中でも、尖圭コンジローマ、性器ヘルペスは、パートナーに感染させてしまう性病です。もし、これらの性病に感染しているかもしれないと感じた場合は、性行為を中止し、早めに専門医に相談してください。性病治療は泌尿器科に行けば健康保険が適用されますので、それほど治療費用がかかる訳ではありませんし、薬の使用で治すことが可能です。

 

また、包茎の方は性病リスクを抑えるためにも、必ずコンドームの装着を忘れないようにしましょう。コンドームを装着することで、自分はもちろん、相手の性病リスクも抑えることができます。性病を予防するためにも、仮性包茎の方は念入りにペニスを洗い清潔な状態を保つことを意識し、真性包茎やカントン包茎の方は早めに包茎手術を行うことをお勧めします。

タイソン腺